猫は毛色によって性質が違うようだ

一概には言えないだろうが、当てはまる部分がある

 

[三毛]

・日本が原産国でほとんどがメスだ(オスの三毛猫は3万匹に1匹だそうだ)

・猫らしい性質の子が多い(メス猫特有のワガママで気位が高く、警戒心が強い、気分屋、その時によって甘えたり、ツンデレである)

・人懐っこい

・運動能力が高い

・長生きの傾向がある(日本の気候に合っている)

 

[黒]

・甘えん坊で、穏やかな性格

・頭が良い子が多い

・人懐っこい

 

[オス]

・社交的である

 

[メス]

・クールである

・警戒感が強い

 

このような性質があるようだが、我が家は三毛猫のメスと黒猫のオスなので、これによると大体当てはまる。

三毛猫の長生きの傾向があると言う所は大歓迎だ。

オスの社交的と言う部分はうちのクロの場合、動物に対しては社交的であるが、人間に対しては来客があると隠れてしまうので、あまり当てはまらないと思う。

 

以上は我が家のミケとクロの性質だが猫全体としては

・狭い場所が好きだ

 

・影から様子を伺う

 

 

 

・高い所が好き

 

そして猫の目は明るい所で瞳孔を小さくして光があまり入って来ないようにする

 

 

反対に暗い所では瞳孔が大きくなる

 

同じ猫なのに瞳孔の大きさによって全然違う顔になる。

視力はと言うと0.3程しかないそうだ。

そして赤色の識別が出来ない。

 

猫を撮影する時、気を付ける事はフラッシュをたいてはいけない事だ。

光の吸収量が多く、目を痛めてしまう。

最悪、失明してしまう事もあるようなので気をつけなくてはならない。